会社設立に必要なこと

会社設立を立ち上げるために必要なことを説明します。もし、税理士や司法書士、社会保険労務士などに頼らない場合は、自分で文書作成や手続きの作業も行わなければいけません。一番最初に、独立してどんな会社を立ち上げて、人々のために役立つことができるのか会社概要と事業目的を決めます。それに従って、全国にある社名と類似しないものや、商号を確認します。もし、同じ商号や社名にすることはできないので注意が必要です。会社の印鑑作成と定款作成も見落としはいけません。

会社設立で一番気をつけるポイントは、この定款作成です。正しい順番で作成し、管轄する本店所在地の公証人役場で認証を確実に得ることです。万が一、定款に不備があったり、持参するべき書類が揃っていないと認証はされません。しかし、税理士に頼っていれば、事前の定款の相談や最終チェックが万全に行うことができ、公証人役場からスムーズに認証が降りるでしょう。また、認証が降りたあとの銀行口座開設や、会社設立の登記書類の作成も迅速に行うことができます。そして、補助金や助成金などの援助も確実に貰えるようにすることが大切です。つまり、専門家ではない私達が不安なく行うには、税理士に頼り確実に会社設立を成し遂げましょう。